ツールバーへスキップ
月商147万円、年収280万円アップを実現するきっかけとなった無料動画

月商100万円を超えたい人必見!!商品仕入を効率化するアプリケーション

こんにちは、キャリア・マキシマイザーのささきこうじ(@kojisasaki2020)です。ビジネスの勉強をしたところ、副業月商147万円、転職して年収280万円アップになりました。詳しくはこちら。

Amazon物販を始めると決め、アカウントも用意したら、どなたも月商100万円を突破し、規模を大きくしたいと思っているでしょう。

だけれど「利益が出る商品」をどこから仕入れればいいか、みなさんはわかりますか?

ネット、実際の店舗、ディスカウントショップ・・・・。現代では仕入先の選択肢が豊富になったゆえに、逆に難しく感じるようになりますよね?

また楽天市場での商品販売価格をつぶさに調べて、Amazonとの価格差を調べるというのは、本業があるサラリーマンには現実的ではありませんよね?

今日はそんなあなたに、仕入を効率化するツールを紹介します。

Amazonで物販をする時に見るべきサイトはモノレート

※注意:モノレートは6/30をもって閉鎖になりました。以下のブログを参考の上、モノレートと同様の機能のあるツールを選んでください。

Amazonで物販をする時は、仕入れる商品を調べるリサーチが必要です。

私がリサーチの際に利用するサイトは、モノレートというサイトです。このサイトでは、過去1年ぐらいのAmazonでの販売価格(カート価格)が、チャートで見ることができます。

他にもAmazonで販売するときの手数料も計算できるため、純利益の計算や、ある商品が売れ筋か、仕入価格をいくらに設定すれば、純利益が何%出るか計算することができます。

ほかには商品売上ランキングもでますので、「売れ筋の商品かどうか」を確認できることができます。

これだけでも大きな変化だと思いませんか?今まではAmazonの価格と楽天の価格差を比較して、相対的に仕入れるかどうかを決めていたわけですから。

モノレートのおかげで、事実上「価格でソートをかけられる」ようになったというわけなのですから。

Amazonで何個売れているか一目瞭然の便利ツール【モノゾン】

モノレートでは、商品の売れ行きランキングしかわからないんですよね。これではいつ売れたかをある程度推測できるだけです。

「実際に何個売れたか」はわかりません。

もし売れる個数が分かれば、在庫回転率を分析する時に非常に便利ですよね?

以下の記事に書きましたが、在庫回転率は物販で唯一分析する必要がある指標です。つまり、簡単に在庫回転率を測れるという事は、Amazon転売で成功することを意味します。

資金ショートのリスクを0にするためにとった安全策【要ブックマーク】

「実際に何個売れたか」が知りたいあなたにとっておきのアプリケーションがあります。それはモノゾンが便利です。

モノゾン

モノゾンはGoogle Chromeのアプリケーションですので、ブラウザはGoogle Chromeを使用するする必要があります。

ブラウザとしてInternet ExploreやSafariを使っている人は、下からインストールしてください

Google Chromeをダウンロード

Google Chromeをダウンロードしたらモノゾンのページから、拡張機能に追加してみてください。

モノゾン

私も物販を始めた最初の2か月ぐらいは、ひたすらモノゾン付きのモノレートでリサーチをしていました。物販を始めた当初は、ひと月平均30個以上売れる商品を仕入れていました。

このぐらい売れる商品だと、仕入代金クレジットカード引落日の前に、売り切ることができます。ですので資金ショートにおびえる必要がなくなります。

もっともひと月平均30個以上売れる商品は、他の人も仕入れることが多く、需要と供給の関係から、仕入価格が高く、あまり利益が増えません。

それでも資金ショートをしてしまった場合、副業が継続できなくなりますので、副業を始めたばかりの時は低回転高利益の商品の仕入れは慎重になってください。

Amazonカタログにモノレートの情報をドッキングするアプリ

ネットなどで商品のリサーチを行っていると、モノレートにいちいちアクセスするのが億劫になってきます。

「お!この商品調べてみよう!」

と思った時に、Amazonの商品カタログページから、直接その商品のモノレートのページにアクセスできるアプリケーションがありますので、お知らせします。

クローバーサーチ for モノレート

これを拡張機能で導入すると

ページの下にモノレートサイトのリンクが出るので、Amazonの商品カタログページから直接、モノレートのサイトに行くことができます。

モノレートから商品価格動向、売れ筋か否かなどを調べた後は、Amazon商品カタログの、出品者ページに移動して、他の出品者の在庫数、販売数を確認してください。

販売数(需要)が少ないのに、他の出品者の在庫(供給)が多い場合は、最低価格が下落する可能性が高いということになります。それゆえ仕入れるのをしばらく様子見するという判断が可能になります。

営業戦略、コンサルタントみたいで、まるでやり手のビジネスマンになったかのようですよね!

そして現在では、いずれも無料でこのような分析ツールが手に入るようになったということですので、いかにサイドビジネスが簡単になったかがお分かりいただけると思います。

ツールをフルに使い分析するには

このブログを読んでいる人の中には、Amazon転売は、商品をAmazonに納品するだけに見え、ビジネスをするという考えに、いまいちなれない人もいます。

確かにAmazonの看板を借りて商売をするので、集客が不要になりました。また仕入れに役立つツールも、無料でも使いやすいものも多く、単純作業で仕入商品を見つけられるように見えるかもしれません(サラリーマンにお勧め)。

サラリーマンにおススメNo.1の副業!Amazon物販ビジネス

しかし回転率の向上仕入商品を決めるという意思決定には、依然として分析が必要になります。

これもエクセルなどを駆使すれば、従来より簡単になっているのでしょうが、まったく頭を使わないで月商100万円を突破することは、不可能だと考えます。

この場合の分析に必要なのは、逆説思考、仮設思考といった、ビジネス本などでも繰り返し指摘されている思考方法です。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

フルタイム勤務のサラリーマンが月商100万円を超えることができた「2つの考え方」を徹底解説!

またもし、自分が月商100万円を突破しているというイメージを持つことができない場合、本格的にビジネスを勉強する必要があります。

Amazon物販で月商100万円を突破するイメージがわかない場合、どうしたらよいか?

下記動画では、Amazon物販で月商4500万円を突破した皆さんの先輩が、ビジネス思考について解説しています。現在、14時間の動画が無料配信中です。

この動画を繰り返し見ることで、あなたにも自然とビジネス思考が身についていきます。

私はAmazon物販を介する前に合計8回見ました。

この機会にぜひご覧ください。

【期間限定】社会で成功をする秘訣は「ビジネスの知識」だった!?月商147万円と年収280万円UPで転職のキッカケとなった動画が無料プレゼント中!!

2 件のコメント

    • お読みいただきありがとうございます。
      私はこれらのアプリケーションを利用し、システム化したおかげで、副業を大きくすることができました。
      この記事が安らぎさんのお役に立てるのでしたらうれしいです。

  • コメントを残す