月商147万円、年収280万円アップを実現するきっかけとなった無料動画

これで解決!!危険物をAmazon FBAへ納品し、売上をアップする方法

こんにちは、キャリア形成コンサルタントのささきこうじ(@kojisasaki2020)です。ビジネスの勉強をしたところ、副業月商147万円、転職して年収280万円アップになりました。詳しくはこちら。

皆さんこんにちは!

皆さんは、危険物という商品カテゴリーの商品をFBAに納品したことはありますか?いざ仕入をして、FBAに納品しようと作業を進めていると、納品不可の表示が出て驚いた人もいると思います。

今日はそんな危険物を出品するための手順を、もれなくお伝えします。このブログを読んで、Amazonで出品できる品目を増やして、売上アップを狙ってください!!

危険物とは

Amazonでは国際航空運送協会(IATA)によって輸送が規制されている商品や、可燃性の商品を危険物として管理しています。

つまりAmazon倉庫に納品した後も、倉庫スタッフの健康を害したり、火事など起きた場合に延焼の被害が大きくなる原因となり、特別の対応が必要な商品のことを、危険物というカテゴリーに入れているわけです。

サラリーマンの副業で仕入れる商品にあるのか?と思うかもしれませんが、例えば制汗スプレー、日焼け止め、シャンプーなども危険物に当たります。意気揚々と納品作業をしていると、「納品できません」という表示ができることは、結構多いはずです。思っているよりも危険物は多いと思ってくださいね。

参考:危険物におけるFBAのご利用について

申請について

そんな危険物ですが、引火性液体と言われている商品は、①大口出品契約をしている出品者が、②簡単な申請をすることによって出品ができるようになります。

参考:【これで解決!!】 大口出品と小口出品、Amazonでの出品形態を徹底比較

制汗スプレー、日焼け止めなどのコスメ系商品は、引火性液体に分類されるものが結構あります。ですので、下記の方法を覚えておくと、納品できる商品の幅が広がり、売上アップが可能になります!!

以下②の申請の具体的な方法を書いていきます。(1)危険物出品を開始するための申請、(2)特定の商品を引火性液体を出品するための申請の2種類ありますので、しっかり覚えてくださいね!!

危険物出品を開始するための申請

危険物取扱リクエストフォームから申請する必要があります。

Amazonの申請ページ

フォームに記入していき、一番のマニュアルを守ることへの同意をすれば完了です。1週間程度で、危険物出品を許可するメールがAmazon事務局から送信されます。

危険物にカテゴリーされる特定の商品を出品するための申請

下記フォームから申請をします。

引火性液体 事前申請リクエストフォーム

 

①トークンID、②店舗名や、③ASIN(Amazonでの商品管理コード)、④商品名、⑤1ヶ月の納品予定数を記入していきます。なお⑤は、1か月の販売予定数はあくまで予定なので、おおざっぱでも構いません。

③~⑤については、エクセルの専用フォームをダウンロードして記入する必要があるのですが、エクセルソフトを持っていない方用にオンライン専用申請フォームもあります。

申請後、2週間ぐらいすると、Amazon事務局から1回の納品で、最大何個納品してよいかがメールで通知されます。

なお最大何個納品してよいかは、申請フォーム上記⑤の数値を見て、Amazon事務局が判断するため、最大納品個数を変更する場合は、再度、申請が必要になります。

もっともどの商品も、上記⑤では2~3個と記入していたのですが、1回の納品で最大20個まで納品可能という通知が届きました。そのため最大納品個数を変更するために、再申請をしたことはありませんでした。

危険物出品のススメ

ここまで読まれた皆さんは、危険物出品についてどう思われましたか?

カンタンですよね?

だから多くのAmazonセラーが危険物をFBA出品していると思っているのかもしれませんが、そうでもないのです。

要期限管理商品納品方法のブログ記事にも書きましたが、手間がかかる=ライバルが少ないのです。

これを読めば100%安心!要期限管理商品のFBA納品方法について

すなわち、危険物も要期限管理商品同様に、取り扱えば比較的簡単に売上アップが見込めることを意味します。

私は危険物申請をし、納品を開始した翌月に月商100万円を突破しました。

みなさんも月商100万円を早く達成したいならば、ぜひ危険物納品ルールを覚えて、納品をするようにしてください!

時間のないサラリーマンに知ってほしい「副業をするときの注意点」

【徹底解説】企業が従業員に副業を解禁する理由は?

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。