副業開始4か月で月商147万円を達成するきっかけとなった無料動画

【仕事がつまらないけど、そこそこ生活が安定している人向け】お金ではない!?あなたのやる気はどこから来るか

ささき こうじ

こんにちは、キャリア・マキシマイザーのささきこうじ(@kojisasaki2020)です。ビジネスの勉強をしたところ、副業月商147万円、転職して年収280万円アップになりました。詳しくはこちら。

突然ですが、あなたは今、やる気に満ちあふれているでしょうか?

学生の頃は夢があり、現在も「本当はやりたいこと」というのがあると思います。

それは実現できていますか?

社会の見る目が気になって、なかなか行動が起こせないのではないでしょうか。

特に今の生活がそこそこ満ち足りていると、環境を変えなくても生活ができるため、感情を殺して生きていくこともできます(1人暮らしだと年収400万円ぐらいでしょうか?)。

私はそれは人間の才能という資源を無駄に使っていると思います。

何かを変えたいと思ったら、即行動をするのがベストです。

私は行動を起こした結果、副業と転職で成功し、経済的に豊かになり、都心に住めるようになりました。徒歩圏に皇居があるため、このブログを書く前に「皇居ラン」をしてきました。

今日はやる気はどこから来るのか、やる気はどうやって生まれるのかについて解説していきます。

生活がそこそこ安定しているけど、満ち足りない生活をしているならぜひ続きを読んでください!!

このブログ記事を読めばわかること

やる気がどこから来るか

20世紀の通説は「金を与えればやる気はわいてくる」

やる気はどこから来るか」ということは、会社の従業員のパフォーマンスを上げる方法と絡めて、長い間、研究されてきました。

20世紀の通説は、「金(給与、福利厚生)を与えればよい」というものでした。

例えばGoogleは、平均給与が高く、一流シェフが調理する食堂で無料で食事ができる福利サービスがありますが、それは従業員のやる気を出してもらおうとするためなのです。

やる気はどこから来るか?

20世紀では「金(報酬)を与えればやる気が起こる」と考えられていた。

20世紀の通説は「直感的におかしい」と思う人多数

しかしあなたはこの通説を直感的におかしいと感じたと思います。

➀ 仕事、環境が同じで年収1000万円に増えたとしても、やる気なんか起きない。

② 明日から築地吉兆の弁当が無料で昼食で食べられるとしても出勤が楽しみにならない。

そう思ったと思います。

ご安心ください。それが多数派の意見ですから。

ささき こうじ

僕らはカネで魂を売るほど、単純ではないですよね!

実際の社会でも、給与を上げても社員のパフォーマンスが上がらない、離職率が下がらないというケースが数多く出ました。

そこで21世紀にはさらにやる気に関する科学的研究が進みました。

その結果、20世紀の通説に代わり、「やる気はどこから来るか」について別の意見が出てくるようになりました。

それは「やる気はあなたの中にある」ということです。

最近の通説「やる気はあなたの中にある」

ブログを読み続ける前に、下の動画を見てください。約16分で、倍速可、字幕ありですから、すぐに見終わることができます。

ある被験者に作業をやってもらう際、グループに分けて報酬額に差をもたらしたところ、報酬が一番高いグループが作業のクオリティが低かった

金を与えればやる気が下がるのか!?

とあなたは驚いたのではないでしょうか。

外的動機と内的動機

人間の動機には、ダニエルが動画で言っているように、外的動機内的動機があります。

そして、人間が本当にやる気がになるのは内的動機がある時です。

その例としてダニエルは、オンライン辞典のEncartaとWikipediaを比較しています。

Microsoftはオンライン辞典”Encarta”を作ろうとして、言語学者などに報酬を出したが2009年に未完のうちにプロジェクト終了になりました。

ささき こうじ

Encartaを知っている人はどれだけいるでしょうか?

Microsoftは専門家に外的動機を与えてオンライン辞書を作ろうとしたのですが、失敗したのです。

その一方でWikipediaは、ネットユーザーの自主性に任せて辞書を作成し、「オンライン辞書」といえばWikipediaといわれるようになった。

Wikpediaを編集しても報酬はもらえません。しかしネットユーザーが楽しさを感じるままに編集をして、形になったのです。

Wikipediaはネットユーザーの内的動機を利用して、オンライン辞書を形にさせたのです。

報酬をあたえ(外的動機)モチベーションを上げるのは無理があるのが分かったのではないでしょうか。

あなたが「これをしたい」と思ったこと(内的動機)をする時が一番モチベーションが上がるのです。

つまりやる気とはあなたの中にあるということです。

※なお動画では報酬とやる気が逆の関係になるとまで言っていません。「相関するとは言えない」と言っているだけです。ダニエル・ピンクが「ダン・アリエリーの研究」を引用していますが、その研究内容は、以下の書籍にまとめられていますので、興味がある方は読んでみてください。

ダン・アリエリー著 「予想どおりに不合理」

自分と向き合い、何をしたいかを確かめよう!!

もしあなたが仕事がつまらないと思っているのであれば、何をしたいかを確かめる必要があります。

もしそこそこ安定した生活をしているのであればなおさらです。

ただでさえ金という外的要因ではモチベーションが上がらないのに、あなたは金をそもそも必要としていないからです。

なので自分の心に向き合い、何をしたいかを確かめるしかないのです。

私も転職や副業をしようと決めたのは、誰かのアドバイスがあったからではありませんでした。

特に転職については、周りからは前職3年未満でしたので、「まだ早いのではないか?」と思われていました。

しかし仕事がつまらない、上司が理解してくれず変化も見込めない。

そんな時に夏季休暇でサクラダ・ファミリアに行き、中でステンドガラスを見た時に、転職をしたいと決心がついたのです(プロフィール参照)。

経験がある人はわかると思いますが、在職中の転職活動は結構、心身がつかれます。

面接に行くために予定を調整することもそうですが、書類選考の結果の連絡がこないでハラハラすることもあります。

在職中の転職の場合、年収が上がることがほとんどですが、仮に「転職したら年収が上がること」がモチベーションだった場合、転職活動を途中でやめたかもしれません。

私は自分と向き合い、自分の中から「転職をしたい」という気持ちが沸き起こっていることを知ったからこそ、転職活動をコンプリート出来たのです。

つまり私が転職で成功したのは、私に内的動機があったからなのです。

内的動機でしたいことをするためのおすすめ動画

でも自分と向き合い、自分の心の中を探るのはとても難しいです。

また内的動機を見つけたとしても、「実現できるか?」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

例えば俳優になりたい、ミュージシャンになりたいという内的動機を見つけた場合、生活できるようになるか不安で、脱サラなんてできないですよね・・・・。

でもビジネスを学べば、内的動機があることが実現できる可能性が高まります。

ビジネスを勉強し、私のように1日1時間程度の作業で月に40万円近く稼げるようになれば、舞台や演技レッスンと両立できますよね?

その結果、演技力が上がり、俳優になれる確率が上がります。

また俳優になった後も、ビジネスを勉強し、自分でマーケティング、集客ができれば、プロダクションに所属しないでよくなります。

そうなると報酬からマージンが引かれないので、生活できやすくなります。

おススメのビジネス教材は、「次世代起業家育成セミナー」です。

【期間限定】キャリア的につんで絶望した私が、転職成功→キャリア上昇トレンド突入→毎日が楽しくなったキッカケとなった動画が無料プレゼント中!!【現代版MBA】

私が副業する前に学んだ教材で、現在、期間限定11万円分の動画無料で、登録後すぐにみられるようになっています。

講師は独立後1年で、月商4685万円を達成した一流の経営コンサルタント、加藤将太さん。

自分のやる気が一番起きる、内的動機でしたいことを行うためには、登録必須です!!

秘訣は頑張らないこと!?モチベーションが上がらないときの対処法

毎日虚しいと感じ、転職したかったけど、コロナ禍でタイミングを逃してしまったあなたに贈るソリューション【要ブックマーク】

【全サラリーマン必見!!】仕事がつまらないので辞めたいと思ったとき、何をすればよいのか?

コメントを残す