月商147万円、年収280万円アップを実現するきっかけとなった無料動画

【営業マン要ブックマーク!!】野村證券最年少出世の営業マンの出世方法は、ビジネスマインドを育成すること!!

こんにちは、キャリア・マキシマイザーのささきこうじ(@kojisasaki2020)です。ビジネスの勉強をしたところ、副業月商147万円、転職して年収280万円アップになりました。詳しくはこちら。

このブログを読んでいる人の中には、昼間は営業マンという人もいると思います。

コロナ禍により、営業機会の縮小、ビジネスの停滞で、自分のキャリアについて悩まれている方も多いのではないでしょうか?

「営業マンとしてどうやって出世していこうか・・・・」

私はブログではAmazon転売のみならず、会社での出世(人事査定)でも、経営者マインドを育成することが重要ということを説明しています。

なぜなら資本主義社会では、ビジネスという共通言語で世界が動いているため、ビジネス(経営)を理解し、実践する人が評価され、出世する社会の仕組みになっているからです。

そしてこれは、営業マンの人事査定においても、変わらないようです。

今日は、野村證券で最年少でプライベートエクイティ部門に配属となった冨田和成さんの新刊、「営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて」に記載されている営業の出世方法を紹介し、ビジネスマインドを持った営業マンがいかに出世するかを説明したいと思います。

この記事を読めば、同期よりも成約獲得数は多くなること間違いなしで、コロナ禍の経済縮小も怖くなくなります

このブログ記事を読めばわかること

営業マンとして爆速で出世するために必要なノウハウ

営業マン出世の秘伝書「営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて」

この本は、日本トップレベルの証券会社で、営業を担当された冨田和成さんが考える「営業論」が説明されています。

冨田さんは新卒で野村證券に入社し、営業に配属になりましたが、当初は実績が出せず、営業成績は下から数えた方が早かったそうです。

そんな冨田さんが最年少でプライベートエクイティ部門に配属になるまで考え実践した方法が公開されているのが本書。発売直後にAmazonの「セールス・営業書籍部門第1位」となるほど話題になっており、またKindle Unlimited登録者は無料で読めるようになっています。

冨田さんが考える営業マンの仕事のあり方とは?

そんな冨田さんは、営業に重要なのは精神論や根性論ではないと断言します。

私は10年以上、すべてのビジネスの中心となる「営業」について考え、国内外で実践し続けてきた。そしてその過程で、多くの日本の営業の常識とぶつかった。

・営業は「足」で稼げ

・営業は人情勝負だ

(中略)

・営業はダサい ……etc.

かつてものづくりで世界を席巻した日本において、最前線の営業部隊はどこか軽視され続けてきたところがある。だが、その結果が「いま」である。

冨田さんは、営業に根性論精神論が重視されたことが、日本経済の停滞にも結び付いていると考えているのです。

どうでしょうか?今まで言われてきたことと真逆のことを言っていると思いませんか?

そこで重要なのは、数値などの客観的なデータに基づき、営業の「」を作ることだと言います。そして経験則から機転を利かせて、セールストークなどをすることから脱却すべきだと言います。

営業の客観的な「型」をつくるために

冨田さんは、客観的な型を作るためには、思考をアップデートする必要があると言います。

具体的には、「仮説思考力」「因数分解力」「確率論的思考法」「PDCAを回し続ける力」が必要と述べます。

すなわち営業にも科学的手法を応用する必要があるのだと述べています。

以下、冨田さんが必要と考える思考回路を、細かく見ていきたいと思います。

仮説思考力

冨田さんはテレアポ営業の例で、仮説思考を以下のように説明します。

会社の電話番号が連番となっていることが多いことから、代表番号にかけて反応が悪かった場合に、1つ番号をずらして別の部署に電話をし、担当部署につないでもらうようことを試す。

また担当部署につないでもらえる確率が、部署によって違う事から、「ガードの緩い部署(冨田さんは主に技術系部署と言っています)」はどこの会社でも同じと仮説を立てて、ホームページなどで電話番号を調べ、あえてそこにかける。

実践を繰り返し、仮説を立て、改善する。

仮説思考とは営業に限らず非常に汎用性の高い思考回路の一種です。私もビジネスを拡大する場面で、仮説思考を用いて、実績を出しました。仮説思考をしたところ、私の副業は一気に月商100万円レベルになったのです。

フルタイム勤務のサラリーマンが副業で月商100万円を超えることができた稼ぐ思考、「2つの考え方」を徹底解説!

上記ブログは、私がどのように仮説思考を行ったかの具体例が書かれています。より深く仮説思考を理解したい場合は、参照してください。

因数分解力

冨田さんは問題が起きたときに、要素分解をして考えることの重要性を説明しています。これによって➀ボトルネックが明確になること、②ボトルネックを発見する際に、モレやダブりがなくなり、本質に迫れるメリットがあると述べます。

営業の因数分解の図。冨田和成「営業」より引用

問題をひたすら細かく分類をし、ボトルネックを見つける。

実はこの考え方はエッセンシャル思考と同様です。

エッセンシャル思考をするために、一度テーブルに、すべての要素を並べるのです。そして問題解決の場面でも、重要なことを取捨選択し、不必要なことに労力を使わないようにする。

つまり冨田さんの言う因数分解にするプロセスの前にエッセンシャル思考を行うなのです。

【成長したい人向け】デキる人は、100%身に付けている思考「エッセンシャル思考」

確率論的思考

冨田さんは営業は確率の世界であると断じます。その為に営業をマーケティングプロセスとセースルスプロセスわけ、取れたリスト数や面談可能な顧客の比率を常に算定し、それを営業活動にフィードバックすることが必要と説明します。

数値にして分析をして、改善をする。

規模の大きい会社だと営業部のバックオフィスに、このような業務を専属的に行う部署がありますが、冨田さんは営業マンも常日頃自分でも数値分析を行うべきだと述べています。

営業マンは身体を張るばかりが仕事ではない。頭を使う必要があるのだ。

21世紀の営業マンは冷静な分析が必要になるという事ですね。

PDCAを回し続ける力

PDCAとは、PLAN(計画),DO (実行),CHECK (検証),ADJUST (調整)の頭文字のことであり、より良い結果を得る為に、理想と現実のギャップを見つけ出し、改善するプロセスをいいます。

冨田さんはPDCAを「回し続ける力」が必要と説きます。つまり常に良い結果を得る為に、批判的な分析を絶えず行うことが必要というのです。

PDCAという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、冨田さんは一歩進んで、PCDAを「回し続ける力」が必要と述べます。

PDCAを1回するだけでは足りない。大量にPDCAを行う必要がある。

【副業初心者必読!!】傑作コミック「かくかくしかじか」から読み解くビジネス成功方法

冨田さんは結果を出すには大量行動はどうしても必要になると、げきを飛ばしているのです。

冨田和成さんは学生起業家だった

以上が、野村證券の記録を更新する程のスピード出世をした冨田さんの考える営業スタイルです。

実はこの営業スタイル、私が副業を始める前にビジネスを習った経営コンサルタント・加藤将太さんビジネスで成功するために必要だと述べる行動とほぼ一致しているのです。

冨田さんが考える営業マン出世のためのスキル加藤さんが考えるビジネス成功のためのスキル
仮説思考力仮説思考
因数分解力エッセンシャル思考
確率思考力   KPI、KSFを設定、分析する力
PDCAを回し続ける力大量行動

加藤将太さんとは京都大学MBAを修了し、起業1年目で、月商5000万円にビジネスを拡大させた、手腕を持つ経営者で、現在はオンラインビジネスクール「次世代起業家育成セミナー」を展開している経営コンサルタントです。

加藤将太さん

なぜ冨田さんは新卒で営業配属になった直後から、経営コンサルタントの様な分析、思考プロセスができたのでしょうか?

ここで冨田さんの略歴を紹介します。

冨田さんは一橋大学在学中に、IN2というソーシャルマーケティング会社を設立しています。

冨田和成さん。大学在学中に起業をし、卒業後、野村證券に入社。現在は株式会社ZUUを経営している。

つまり野村證券入社前に、起業経験がある人だったのです。

だから営業の場面で、会社経営時に慣れ親しんだ、経営者としての思考回路を応用できたわけです。

裏を返せば、経営者としての思考回路があったからこそ、歴史ある野村證券で、営業マンとして異例の出世ができたという事ではないでしょうか?

つまり経営者としての思考回路は、営業においても100%役立つのです。

営業マンの皆さんに朗報!!

営業マンとして冨田さんのように出世したい。だけど私は学生時代に起業をしたことなんてない・・・・。

そんな皆さんに朗報です!

先ほど紹介した、私のビジネスの師匠である加藤将太さんが講師を務めるオンラインスクール、次世代起業家育成セミナーでは、経営者の思考回路の基礎の基礎を解説する講座、全11時間約20万円分の講座が期間限定無料となっています。

【期間限定】社会で成功をする秘訣は「ビジネスの知識」だった!?月商147万円と年収280万円UPで転職のキッカケとなった動画が無料プレゼント中!!

営業マンならば見ない手はないのではないでしょうか?

野村証券で最年少出世をした営業マンと同じ思考回路が手に入るのです。しかも期間限定無料。

自動車販売で1億8000万円の売り上げを記録したタッピ―さん

「でもオンラインスクールで、冨田さんのような分析ができるようになって、営業マンとして出世できるの?」

そう思う方もいると思います。

ご安心ください!次世代起業家育成セミナーでビジネスを勉強し、成績を上げた営業マンが私が知っているだけでも複数います。

私のブログでの紹介を承諾してくれたタッピ―さんは、キャリアに行き詰ったころ、次世代起業家育成セミナーに登録されました。その後、自動車販売営業で年間1億8000万円を達成されました。

その後、キャリアアップもなされ、現在は店舗マネジメント業務も担当されています。

タッピ―さんのプロフィールhttps://tappi01.com/profile/

タッピ―さんのブログには、営業マンが誰でも感じる悩みから、転職の話題まで幅広い記事がありますので、参考にするとよいと思います!!

コロナ禍で減給にならないために

ところで営業の皆さんは、コロナ禍で成約が取りずらくなっているのではないでしょうか?

パイが縮小している中では、誰しもそうなっています。

皆さんも将来の青写真があると思います。車を買って、結婚して、家を買って・・・・

経営者マインドを身に付けないと、生涯年収が減り、こういう青写真を達成できないのではないでしょうか?そんな人生をあなたは歩みたいでしょうか?

器用にふるまった同期はコロナ禍でも成約を獲得し、メルセデスベンツを買った。

そういう同期を見て悔しい思いをするのは嫌ではありませんか?

しかし経営者のマインドを身に付けた営業マンは、冨田さんやタッピ―さんのように実績を出すことができる。

今後に不安を感じている営業マンの方は、上記のブログで紹介した次世代起業家育成セミナーに登録してみてください。

挑戦する人生を歩むために必要なマインドセット。「○○○○なマインドセット」

コメントを残す