月商147万円、年収280万円アップを実現するきっかけとなった無料動画

【全サラリーマン必見!!】仕事がつまらないので辞めたいと思ったとき、何をすればよいのか?

こんにちは、キャリア形成コンサルタントのささきこうじ(@kojisasaki2020)です。ビジネスの勉強をしたところ、副業月商147万円、転職して年収280万円アップになりました。詳しくはこちら。

皆さん、こんにちは!

このブログを読んでくれている皆さんの中には、仕事がつまらないので会社を辞めたいと、思っているがいるのではないでしょうか?

ワクワクしながら働きたいのに、仕事はつまらない。だから毎日、やる気が起きない。

せっかく一度きりの人生なのに、時間を無駄にしている気がしちゃいますよね。今日は仕事が面白くなくて、行動を起こしたいと考えている人が、どのように過ごしていけばいいのかを書いていこうと思います。

行動を起こしたいという気持ちは重要

まず言いたいのは、その気持ちを大切にしてくださいという事です。世の中の大変の人は、問題と考えていたり、行動をしなければいけないと考えていても、行動に起こせないからです。

つまり行動を起こしたいという気持ちを持ち、実際に行動を起こせば、社会的成功の可能性が圧倒的に高くなります。

しかし気持ちのままに行動を起こすのは、良いことではないと私は考えます。行動を起こすのであれば、計画を練って、戦略を立てる必要があります。

以下、どのように戦略を立てたほうが良いかを書きますので、ぜひ参考にしてください!!

思い切って転職をするのはどうか

仕事がつまらなくて転職した私が言うのもなんですが、仕事が嫌だと言って、すぐに衝動的に転職活動をするのは、良い選択ではありません。理由は2つあって、①転職の理由でマイナス評価になる可能性があるから、②転職後も仕事がつまらない可能性があるから、です。

転職の理由でマイナス評価になる可能性があるから

たしかに日本では終身雇用が崩れて、一つの会社での勤続年数が長いことは、プラスにならなくなってきました。むしろ「新しい環境で柔軟に仕事ができない」と推測されてしまう事もあります。私が現在勤務している、外資系企業でも人事が、「この人は転職が初めてだから、仕事の柔軟性に欠ける可能性がある」とハイアリング・マネージャーに難色を示したことがありました。

しかし転職を成功するためには、採用側(人事、ハイアリング・マネージャー)が納得する理由が必要で、かつ、転職面接でそれをプレゼンテーションする必要があります。

「仕事が面白くないので転職活動をした」と面接で言えば、

「仕事が面白くするために、マネージャーと相談したか」「自分が率先して業務フローを変えようと動いたりしたか」

と言うような質問が面接の場面で出てくるはずです。そしてもし、面接官が納得する返答ができなかった場合は、当然ながら面接での評価は厳しいものになります。

つまり面接のための準備がそれなりに必要になるので、仕事が面白くないから転職活動をすると行動を起こすのは、良いアイディアではないという事です。

転職後も仕事がつまらないと思う可能性があるから

仕事が面白い会社というのはどういう会社でしょうか。業種、部署、同僚の人間性、会社のフローなどに左右されるのではないでしょうか。つまり仕事が面白い会社を探すのは、「運命の人」を探すようなものです。

もし転職した会社でも、仕事がつまらないと思った場合、また転職活動を再開するのでしょうか?

転職活動を繰り返す人はジョブホッパーと言われますが、仕事がつまらないためにアクションを起こしたいと考えるキャリア志向の皆さんには、お勧めしません。というのは、キャリア形成が難しくなるからです。

会社が違うと業務のフローが違うので、前職と現職では、同じ業務では仕事の内容が変わってきます。これは同種業界での転職でも同じです。ですので最初はどんなにスキルがある人であっても、仕事を覚えるところから始めます。

つまりジョブホッパーとなると、雑務や定型業務しかできなくなってしまうのです。

仕事がつまらないから転職活動をしたのに、自分で仕事がつまらない状況を作ってしまう。これがジョブホッパーになった場合の結末なのです。

転職成功には準備と理由が必要

以上から転職成功には、準備と理由が必要なのはわかってのではないでしょうか。自分の望むようなキャリア形成をし社会人として成功するために、ちょっと落ち着いて呼吸を整えて計画を練るようにしましょう。

自己啓発の時間と考えるべき

では転職成功のために、もっと言うと転職成功での結果を最大化するためには、どのように準備をすればいいでしょうか。もちろん面接での問答を用意する、四季報で業界リサーチをすることのほかにです。

私はそれらの準備のほかに、自己啓発をすることをおススメします。自己啓発をすればあなたの転職市場での価値は上がり、自分の望むようなキャリア形成ができる可能性が高くなります。また仕事がつまらないと感じる理由は、あなたのスキルに担当業務が見合っていないから。これは裏を返せば会社が、あなたのパフォーマンスを低いと評価していないことを意味します。

つまり就業時間は、仕事をそこそこのモチベーションで行って、きっちり定時で帰宅する。また仕事では体力を温存して、帰宅後や休日に自己啓発をするのです。

オススメはビジネスの勉強!!

そして自己啓発でオススメなのは、ズバリ、ビジネスの勉強です。ぜひ日本で最高のビジネス教材である、加藤将太さんの次世代起業家育成セミナーを受講してみてください!!

【期間限定】社会で成功をする秘訣は「ビジネスの知識」だった!?月商147万円と年収280万円UPで転職のキッカケとなった動画が無料プレゼント中!!

ビジネスを学べば、自分で稼ぐ力がつきます。つまりダブルインカムが実現できるので、転職活動で精神的余裕が産まれます。

また転職では、ビジネスの知識、ビジネスマインドは確実に評価されます。これは営業部門のような直接部門、総務、研究開発部門などの間接部門問わずです。会社がビジネスを行う組織である以上、ビジネスが分かっている人は、勤務してくれることで価値を提供してくれると判断されるからです。

例えば会社は営業利益の目標を設定し、その後、実現するにはどのような方法を採用すればよいかと考えます。このような思考を逆説思考と言いますが、もしあなたが逆説思考ができるのでればどうでしょうか。

例えばシステム移行に携わった業務経験を言うにも、

「私の部署では予算○○円、9月までに社内稟議を紙ベースではなく、クラウド型決裁システムに移行しようと決めた。私はシステムベンダーを選定を携わったが、ユーザーが利用しやすいシステムであることを重視した。それゆえにシステムからISO140001を取得している企業で、簡単なパスワードルールを設定できるシステムかを判断材料とした」

と言えばどうでしょうか?

この人は会社のゴールのために、価値を提供できるという評価がもらえ、面接で好印象になるはずです。

私は加藤将太さんのセミナーでビジネスを勉強した後に転職活動をしたところ、年収280万円アップのオファーをもらいました。

私は30歳まで職歴がなく、転職活動をした当時は、初めて就職した会社の在籍期間2年半の時でした。そんな私が通常は起こりえないほどの年収アップとなるオファーをもらえたほど、高評価をいただけたのです。

ビジネスの知識があれば、転職の場面で評価されます。

皆さんに、キャリア形成のため、ビジネスの勉強をすることをおススメします!

【期間限定】社会で成功をする秘訣は「ビジネスの知識」だった!?月商147万円と年収280万円UPで転職のキッカケとなった動画が無料プレゼント中!!

コメントを残す