月商147万円、年収280万円アップを実現するきっかけとなった無料動画

やりたい仕事ができないあなたへ自分を変えるベストの方法を公開!!

こんにちは、キャリア・マキシマイザーのささきこうじ(@kojisasaki2020)です。ビジネスの勉強をしたところ、副業月商147万円、転職して年収280万円アップになりました。詳しくはこちら。

皆さんこんにちは。

やりたい仕事ができないと感じ、悶々としている人って多いのではないでしょうか。

会社では組織の論理が働きますので、個人の意思が完全に通るわけではありません。

やりたい仕事ができないと考えた場合、マネージャーにアピールをする、転職をする、独立をすると言ったアクションをする必要があります。

だけれどその前に交渉の相手に自分のスキル、能力評価してもらうことが必要です。

ではどうすれば、交渉の相手に自分のスキルや能力を評価してもらえるでしょうか?

私の答えは、アクションの前にビジネスの勉強をしてくださいです。

なぜなのか、以下、詳しく書きますので、自分の望むキャリア形成をしたい人は必ず読んでくださいね!!

会社でやりたい仕事ができない根本的な理由

会社の採用専用ページや、人事担当者の発言ではよく「仕事のやりがい」「キャリア形成の自由さ」をうたっていますが、その一方で自分の能力や、専門性とミスマッチな仕事をする人がいます。

これは会社という組織には、組織としての目標があるためやむを得ないことです。組織の都合であなたのやりたい仕事を行うポストが増やせない、外注を使うなど、会社の利益拡大というための人事戦略がありますので。

サラリーマンが組織の歯車と言われるゆえんです。

特に日系企業では「総合職」をいう制度があります。最近は人事や経理と言った専門性が強い部署には、異動しなくなってきているようですが、これは会社は利益拡大のために、人材を会社都合で配置するという仕組です。

また外資系企業でも、会社や部署ごとに「ヘッドカウント(頭数)」というものを決められます。つまり部署として、会社として仕事を回す従業員数を海外本社から決められてしまうので、やりたい仕事があってもヘッドカウントに余裕がなければ、することは難しいです(このあたりは外資系企業の方が融通が利かない気がします)。

やはりサラリーマンはどんな会社に所属しても、組織の歯車として扱われるのです。多かれ少なかれ。

対等な立場で会社に交渉しよう

ではどうしたらよいのか。従業員は会社と対等の立場です。だから堂々と会社と交渉をするしてください。

給料を「いただいている」のだから・・・と思う人もいるかもしれませんが、自分の目指すキャリアがあるのであれば、絶対に「私は会社と対等である」という意識を持ってください。

つまりあなたは自分の専門性、スキルをテーブルに出し、会社にアピールをして、会社に希望する方法で利用してもらうように交渉する必要があります。

そしてもし交渉が決裂したのであれば転職する。そういう強い気持ちをもって交渉をしてください。またキャリア形成を実現する場合は、このように犠牲を伴う事も理解する必要があります。

会社の利害とあなたの利害は一致しないからです。

私も前職の日系企業での上司と私の仕事をやりがいのあるものに変えること待遇を上げることについて交渉をしました。しかし決裂をしたので退社後に転職エージェントに登録をしました。そしてその1か月後にこのブログタイトルにもなっている年収アップのオファーを、現在の勤務先である外資系企業からもらったのです。

会社と余裕をもって交渉するために

ここまで読んだ人の中には、やりたい仕事をするためにはここまで強く交渉が必要なのかと思うかもしれません。

果たして自分にできるのだろうか・・・・?

私は皆さんに、このような交渉ができるようになってほしいと考えています。そのために常にスキルアップを心がけてください。

また私は会社で「そこそこ楽しく過ごし」、定年まで勤務するという生き方を否定はしていませんので、「やりたくない仕事」をしながら我慢をするのも、かまわないと思っています。

もし転職、退職を持ち出して、キャリアに関する交渉をしたいと思っているのであれば、これからそれを可能にするベストの方法を伝えますので、引き続きブログを読んでいただければと思います。

ビジネスの勉強がベスト

強気の交渉を可能にするには、やはり会社で良いパフォーマンスをし、会社として欲しい人材という評価を獲得している必要があります。もしそうでないなら、会社は交渉に応じてくれないからです。

会社での評価を上げるにはどうしたらよいか。もちろん担当業務の専門性、スキルアップをする必要はあるでしょう。

しかし営業、研究開発、法務、経理、どの部署に担当していても、実際に専門知識やスキルをビジネスの場面で適用できなければ、「頭でっかち」という評価になってしまいます。

具体的には

①:会社の利益アップをゴールに設定し、現状で適切に知識やスキルを使ってゴールを目指すスキル

②:①のためにすべきアクションを設定し、ゴールとずれていないかを分析、改善するスキル

が必要になります。

どうでしょうか。あなたは普段からこのような思考回路をもって、仕事をしていましたか?

これは経営者がビジネスをするときに要求される思考回路です。つまりサラリーマンであるあなたも、ビジネスをする組織である会社に所属する以上、経営者と同じ思考回路が要求されるのです。

だからアメリカに留学し、MBAを取得すると高いポジションになり、給与も上がるのでしょうね。

もっとも現在では、MBA取得のために留学をしなくても、オンライン上で経営者に必要な思考回路が学べるようになりました。

【期間限定】社会で成功をする秘訣は「ビジネスの知識」だった!?月商147万円と年収280万円UPで転職のキッカケとなった動画が無料プレゼント中!!

脱サラ、独立後1年で月商5000万円までビジネスを大きくした加藤将太さんが、ご自身が有するビジネスの知識をすべて披露した、次世代起業家育成セミナーという、オンラインスクールです。

質が高いと有名で、このスクールで学んだ人の多くが、月収25万円程度のダブルインカムを実現しています。

たとえ脱サラに興味がなくても、やろうと思えば25万円のダブルインカムが実現できるクオリティの高さのスクールで学べば、サラリーマンとしてのスキルアップなんて簡単にできると思えますよね?

期間限定無料となっていますので、ぜひ今のうちに登録をしてください!!

自分の望むキャリア形成をするために

私がこのブログを作った理由は、皆さんに自分の望むキャリア形成をしてもらいと思ったからです。もちろん皆さんの置かれている状況は様々だと思いますが、まず、ビジネスの勉強をすることが重要です。そしてその後、具体的なアクションを取っていくといいと思います。

今日の記事を読んで、皆さんが何か気づくことがあったのであれば幸いです。ここまで読んでくれてありがとうございました!!

【素朴な疑問】転職可能なタイミングは、在籍何年目か?

面接で評価される人間になるためには?内定率を100倍上げる方法【永久保存版】

【全サラリーマン必見!!】仕事がつまらないので辞めたいと思ったとき、何をすればよいのか?

 

シェアしてね!

コメントを残す